So-net無料ブログ作成

歩きたい! [Stockholm]

北の旅から戻り、あの大きく美しい自然の中で過ごした日々が早くも恋しくなってしまい、とにかく自然の中を歩きたい!!とウズウズ。

スウェーデンのいいところは、例え首都ストックホルムであっても自然がたくさんある、ってことです。


1.JPG
そんなわけで、北とは比べものにならないけど、今まで行ったことのなかったNorra Djurgården(ノッラ ユールゴーデン)に行ってきました。地下鉄に乗っても行ける言ってみれば街中にある自然公園です。そしてここは、その昔国王の狩猟場でもあったところ。


ちなみに、ここに行ったのは7月の14日。ちょっと遡ってます、日付。
この頃は気温が30度を超えたり蒸し暑かったりで、ちょっと日本の夏を思い出しました。

続きを読む


北に、来たー!⑧ [北極圏]

間が空いてしまいましたが(記事を書く気力が抜けてました・・・笑)北に、来たー!8回目。これが最終回です。





大きな地図で見る

南下を続け辿り着いたÖstersund(エステルスンド)に面白いところがあったので行ってみました。



111.JPG
行った先はここ、Jamtliという博物館、兼野外博物館なのですが、ここで思いがけない出会いが待ち受けていたのです!


私の通う学校には、テキスタイルの歴史の授業があるのです(一応ちゃんと勉強してます。笑)。その授業で度々出てきたヴァイキング時代の布があるんですけど、これがわたくし大好きなんです。モチーフが大好きなんです。プロジェクターで映し出されたその布を見るたびに「ぷっ」と笑えて、そして時の流れを思って感激する、そういう布なんです。

なぜか、って?


続きを読む


北に、来たー!⑦ [北極圏]

Jukkasjärvi(ユッカスヤルヴィ)に別れを告げ、車を走らせます。

11.JPG
またまた森の中をぐんぐん進みます。


12.JPG
大きな怪しい黒い雲を横目に、ブーーン!

で、この辺りに世界遺産のマークが付けられた看板がけっこうたくさんあったんです。調べてみたら、サーメ人居住区として登録されてました。スウェーデン語でLaponia(ラポニア)と名付けられているこの辺りは、たくさんの国立公園があって、トレッキングしてきた私は“うぅ~・・・・歩きてぇ・・・・”とうずいてたまらなかったのですが、今回は時間に余裕がないので諦めました。
ここもまた、次回に持ち越し!ってことで。




13.JPG
そして辿り着いたキャンプ場。子どもが遊んでますけど、これでも午後11時過ぎ。子どもは寝る時間ですよ!でも、明るいからついつい遊んじゃうんだねぇー。


このキャンプ場があるのは、


大きな地図で見る

Jokkmokk(ヨックモック)。北極圏ぎりぎりの街。
・・・・ということは!白夜体験できる最後のチャンス!


14.JPG
というわけで、この日最後に撮った写真は午後11時過ぎ。真夜中の太陽は地平線近くにあるので、太陽そのものを見るには高い山に登るのが一番。
午前0時、1時、2時・・・と順を追って空を見たかったんだけど、歳と疲れには勝てません・・・無念!笑



ところで、ヨックモック。
日本人なら誰でも最初に思いつくのは、高級な缶に入ったバター風味たっぷりのクッキー!じゃないですか?
特別な時、どなたかから頂くクッキー。食べ終わった缶はリサイクル率高し。そんなヨックモック、ホームページを見てみたらやっぱり名前の由来はこの街、Jokkkmokkからでした。
だからと言って、この街自体がクッキーの街、ってことじゃないですよ。詳しくはヨックモックのサイトへ。


続きを読む


北に、来たー!⑥ [北極圏]

6回目は復路です。

11.JPG
数日滞在したBjörkliden(ビョルクリーデン)とさよなら。



12.JPG
ラップランドのゲート、Lapportenにもさよなら。
これが最後に見たLapporten。何だか名残惜しい・・・



13.JPG
名残惜しさを抱えながら、行きにすっ飛ばしたKiruna(キールナ)を少し観光。
いじけてるようにしか見えないサーメ人が妙にカワイイんですけどー。笑



14.JPG
そのサーメ人像のすぐ側に建つのがキールナ教会。赤くて大きな建物が目を引きます。

そして、中はというと・・・・



15.JPG
今まで見たこともない造り!
天井はグーーンと高く、全体が落ち着いたこげ茶色。一際大きなオルガンも迫力満点。それに何と言っても窓!!これが四方にあるんですけど、この窓たちがステキで不思議な雰囲気を醸し出してるのです!
この教会は一見の価値あり!!



16.JPG
遊牧民であるサーメ人の移動式の家、コータをモチーフに建てられたんだそう。


17.JPG
祭壇にはサーメ人たちの姿。これはココでしか見られないですね。その証拠に(?)、「持ち出したらアラーム鳴ります」と注意書きがしてありました。笑



1.JPG
お天気が悪く雨が降り出したので、Fika(フィーカ:大事な大事な(笑)お茶タイム)して次へ向けて出発。
北ではよく取れるクラウドベリーのチーズケーキ。これ、めちゃめちゃウマかった☆☆☆





続きを読む


北に、来たー!⑤ [北極圏]

北に、来たー!5回目は国境を越えまーす。


11.JPG
この日もいいお天気☆バスに乗ってお隣ノルウェーのNarvik(ナルヴィーク)を目指します。
車窓越しの写真は良くない、と十分分かってます。でも、シャッターを押さずにいられないんですぅ!



12.JPG
トレッキングした場所の裏側を通っていきます。



13.JPG
湖面が穏やかで空が映り込んでいます。



14.JPG
あぁぁぁ・・・・・声を失う・・・・
湖面が鏡状になる現象、何度と無く見たことがあってその度にあぁぁぁぁ・・・・となってましたけど、これは圧巻!こんなにも広い空、こんなにも広い湖面・・・別世界に来たような不思議な感覚!



15.JPG
バスで走ること30分くらい?何事もないかのようにあっさり国境越え。
Norgeはスウェーデン語でノルウェー。こんな小さな看板ひとつしか立っていない国境。
スカンジナビア間では、EU加盟云々に関わらず(スウェーデンは加盟してますが、ノルウェーは加盟してません)パスポートチェックはありません。仲良しさんですね。

続きを読む


北に、来たー!④ [北極圏]

11.JPG
一夜明けたBjörkliden(ビョルクリーデン)は、この日も快晴!
キャンプ場にはキャンピングカーに滞在する人、テントを張る人、そして見晴らし最高のコテージに宿泊する人、と様々。今度はテント生活したいかなー。



12.JPG
さて、この日はこの旅一番のメインイベントを果たす日。
それは、トレッキング!目指すはLåktatjåkko(ロクタショッコ)、9kmの道のり!大丈夫か??と少々不安になりましたけど、大丈夫。何せ私は毎日学校の通学で4キロを往復してますからっ ふふふ。



13.JPG
さぁ、ここからLåktatjåkko(ロクタショッコ)への道のりが始まるわけです。
Låktatjåkko(ロクタショッコ)なんてかわいい名前ですが、これはサーメ語の名前。そしてかわいいのは名前だけで、道のりは決してかわいいもんじゃなかったんであります・・・


続きを読む


北に、来たー!③ [北極圏]

11.JPG
Kirunaから更に車を走らせます。ブンブン走らせます。目的地までもうすぐ。
この辺りから、景色もガラリと変わります。大きな木はほとんどありません。寒くて木が大きく育たないそうで、「あ、ツンドラ!」って思い出しました。地理の授業に出てきた場所に実際にいるなんて・・・・これまた不思議。
更に、この辺の木々はほぼ全てが白樺です。




12.JPG
山も見えてきました。それにしても汚い窓だこと・・・大きい小虫(何だそりゃ)が窓に当たると“ブチッ”と音が聞こえるほど大きいんです、小虫なのに・・・
ちなみに、北極圏ということは沈まぬ太陽、白夜の地域ということ。この写真の時間で午後7時過ぎです。もうフツウに昼間の明るさ。




13.JPG
更に進むと湖が見えてきました。Torneträsk(トルネットレスク)という大きな大きな湖です。それまで森の中をずーっと進んできたので、思わず「うわぁー!」と声が出てしまいます。




14.JPG
この湖の青さは、何と言うか「まじめな青」といった感じ。何が起きようともびくともしない仙人のような、腰の座った青、そんな感じ。チャラ気が一切なく、何千年何万年もじーっと浪波と水を湛えてきた「まじめな青」。何となく「ここで生きるには覚悟が必要」と言われてるような、そんな気にもさせる青。
一言で言えば、感動した、そういうことです。でも、じーんと感動というより、ずーーんっと深く響く感動。



さぁ、ここまで来れば目的地はすぐそこです。


続きを読む


北に、来たー!➁ [北極圏]

11.JPG
さて、一夜明けて再びいいお天気の中更に北を目指します。北はきっと涼しいだろう、と思っていたのにかなりの勢いで太陽が輝くもんで・・・・じりじりとした暑さ、久々に味わいました。


12.JPG
森に囲まれた道をブンブン飛ばします。



13.JPG
こういう小さな小屋がたくさんあって、お馬さん、牛さん、たくさんいました。
きっと彼らの餌を保管しておく小屋・・・かな。


14.JPG
おっと。少し大きな街を通り過ぎました。
ここは、Luleå(ルーレオ)。



大きな地図で見る
どこかと言いますと、こんなトコ。結構北に来たでしょ。笑

この街には世界遺産にも登録されている古い教会地区が残されていますが、私たちはブンブン飛ばしてスルー。この街も次回訪れた時(いつだ?)に取っておきましょ。




4.JPG
更に北へと進み、小さな街でFika(フィーカ:お茶タイム、スウェーデン人にとっては何よりも大切な時間。笑)。
もーとにかくいいお天気で、太陽はじりじりだったのでアイスをパクつきました。うまかった☆


15.JPG
この街にもキャンピング場があり、隣にプールも。気持ち良さそー・・・!



16.JPG
そして更に北上。ちょっとずつ景色も変わってきます。

続きを読む


北に、来たー!① [北極圏]

北に、来たー!なんて言うと、色々突っ込まれそうですが・・・
実際には「北に行って来たー!」です。

スウェーデンという時点で随分と北ですが、その北国の北、北極圏を突っ切ってきましたっ
たくさんの“人生初”を経験できた素晴らしく、そして楽しい旅でありました。何も考えずにパシャパシャと写した写真、約850枚・・・!デジカメの時代でよかった、と心底思います。笑

今日から少しずつアップしていきますよー。




11.JPG
まず、第1の“人生初”。縁あってキャンピングカーでの旅となりました!当たり前だけど、キャンピングカーの中って全て揃ってるんですよー。肝心の写真は撮り忘れてますが・・・
車の中で寝泊りしながら移動できるって、かなり楽しいですっ



12.JPG
ストックホルムの北に位置するGävle(イェーヴレ)という街からの出発。
とにかくスウェーデンの景色大好き!な私。助手席を陣取って、窓越しの写真は良くない、とわかっていつつもシャッター押しまくってました。
で、最初はこんな景色が広がります。



13.JPG
どこかの街にはこんな廃墟もあります。

続きを読む


夏です、ほんとに。 [Stockholm]

連日、真夏日が続いています。とは言っても、日本とは比べものになりませんが・・・
湿気が無い、というのはまるで天国!気温30度越えても、だらだらと流れるような汗は出てきません。風が吹けば気持ちいいし。

湿気無し、バンザイ!



1.JPG
そんなわけなので、真夏日であっても「外に行こう!」と思えるのです。
太陽を求めてたーーーくさんの人が公園にいます。公園だけでなく、芝生さえあればどこでも水着姿で寝転ぶスウェーデン人の姿が見られます。



2.JPG
私はもちろん日陰に陣取ります。当然のことです!
風に吹かれながらちくちく。



3.JPG
ふと我に返って見回すと、数時間前より随分と人が・・・
水辺に近いところでは、隙間もないほどぎゅうぎゅうでした・・・

どんだけ太陽好きなんじゃ!




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。