So-net無料ブログ作成

見学しました [Stockholm]

少し前に授業の一環で、シルクの織工場の博物館に行ってきました。


ストックホルムの街中にたたずむAlmgrens Sidenväveri museum(絹織物博物館)。
1800年代、絹織物(ジャガード織)は盛んに生産されていました。ここで今でも現役で動いているジャガード織機はこの当時のもので、140年もの。


DSC02425.JPG
奥で織っているのが、140歳のジャガード織機。
手前に見える穴の開いたカードを、織機の上部(ちょっとだけ見えますね)で読み込んで模様部分の経糸を浮き上がらせます。


このジャガード機が発明されるまでは、織機の上部に人が登り手で経糸をすくい上げていたのです。途方もない作業ですね・・・
ジャガード機が発明されてからは、生産効率も上がり一気にジャガード織が普及していった、と思われます(きちんと調べてないので断言できませんが・・・)



DSC02446.JPG
これはバンドを同時に何本も織れる、という機械。
織物の幅が広かろうとバンドのように狭かろうと、シルクの輝きというのは変わりません。当たり前か・・・

それにしても、蚕の繭がどうしてこうも輝く糸になるんでしょ・・・摩訶不思議。





ところで、この博物館は当時、ジャガードの生産工場だったので「ザ・職人」な空間なわけです。


DSC02447.JPG

DSC02437.JPG

DSC02451.JPG
織物、工場の歴史より、遥かにそそられる空間でした。笑


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

hiroko

お久しぶりです^^

うわあ、絹織物博物館、行かれたんですね!
いつか行ってみたいナーと思いつつ、実は現在も操業していることは知りませんでした^^;
リボン/バンドのほかにもどういうものが作られてるんでしょうか。
(ところで、ここってオリジナルの石鹸出してません?なぜか(笑)

ザ・職人な空間、渋くていいですね。
いつもながらnanahanaさんのは写真がきれい!
先日の雪の結晶のもきれいだった~
カメラ、何をお使いですか?よかったら教えてください♪
では~
by hiroko (2009-02-23 03:16) 

はじめまして!

ストックホルムで織物をやられているんですね!場所はちがえどわたしもそんな感じです。 よかったらぜひ相互リンクしましょう!
by はじめまして! (2009-02-24 08:08) 

nanahana

hirokoさん。
私もいつか行ってみたいと思っていたところだったので、行けてラッキーでした。
工場としての機能はしてないと思います。ただvisningしてるだけだと思います。butikにあるシルク製品がここで織られているのかは・・・・確認しませんでした・・・

オリジナルの石けん??何故??何だか笑えますねー。

カメラは普通のデジカメです。褒めて頂いてありがとうございます。もう何度も落としているので、いつだめになるかとひやひやしながら付き合ってます。笑



はじめまして!さん。
はじめまして!笑 コメントしたことはありませんでしたが、密かに見させて頂いてました。
ポートレイトを描かれているのを見たのですが、もしかしてHDKへのポートフォリオかな?なんて思いました。
私のブログにはリンクは載せていないのですが、そちらで載せて頂ける分にはとても嬉しいです。

Göteborg、とても好きなところです☆
by nanahana (2009-02-25 08:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。